【Visual Studio Code】XdebugをXAMPPで設定する手順

Xdebugと拡張機能「PHP Debug」を導入し、Visual Studio CodeにPHPデバッグができる環境を構築。XAMPPとVisual Studio Codeがインストールされている前提。

・XAMPP

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

・Visual Studio Code

https://code.visualstudio.com/

 

Visual Studio CodeでPHPデバッグができるまでの流れ

大体以下のような流れ。

  1. Xdebugのインストール(既にある場合は不要)
  2. XdebugをXAMPP内に配置
  3. php.iniにXdebugの情報を追記
  4. Visual Studio Codeに「PHP Debug」をインストール
  5. 「PHP Debug」にデバッグ設定

 

Xdebugのインストール

phpinfo()で出力された情報を全てコピーし、以下のサイトのテキストエリアに貼り付けると、スムーズにインストールすることができる。

Windowsの場合は、.dllをインストールして、\xampp\php\extに配置すればok。ただ大体の場合は元々\xampp\php\extに存在しているため、わざわざインストールする必要はないかも。

https://xdebug.org/wizard.php

 

php.iniの編集

php.iniにインストールしたXdebugの情報を追記。今回はXAMPPのApache使用のため、9000番ポートはコメントアウトしてます。

C:\xampp\php\php.ini

追記したら、phpinfo()でXdebugが記載されていることを確認します。

 

プラグインをインストール

拡張機能「PHP Debug」をインストールします。

 

「PHP Debug」にデバッグ設定

インストール完了後、画面左のツールバーから虫のアイコンを選択。画面上部にある歯車アイコンを選択し、PHPをクリック。

するとlaunch.jsonファイルが生成されるため、以下のように追記しました。先ほどのphp.iniに9000番ポートを指定した場合は、80→9000に読み替えてください。

・launch.json

 

あとはブレークポイント設定し、構成の名前を指定してデバッグを実行するだけ。なのに結構ハマってしまった…。