【GCP】Stackdriver(監視ツール)の設定・アラート通知

GCP内のサービスをモニタリングし、インシデントが発生した際にアラート通知をしてくれるStackdriverの設定方法をメモとして残しておきます。

Uptime Checksの作成

まず、Stackdriverに移動し、左のサイドメニューから「Uptime Checks」を選択します。

「Add Uptime Checks」ボタンを押下し、それぞれ入力していきます。

  • Title:Uptime Checkの名前を入力します
  • Check Type:監視するプロトコルを選択します
  • Resource Type:監視するリソースを選択します(今回はApp Engineを選択)
  • Service:監視するサービスを選択します
  • Path:監視するパスを選択します(空白の場合は全て)
  • Check every:監視の間隔時間を選択します

入力が終わったら、「Save」を押下して完了です。

 

Alerting Policyの作成

Conditionsの設定

次に、「Alerting」から「Create a Policy」を選択します。

「Add Condition」から設定していきます。

「Uptime Check」を選択し、「Uptime check id」から先ほど作成したUptime Checkを選択します。

選択すると「METRIC」に先ほどの情報が入力されているため、変更や追加の設定がある場合は入力していきましょう。

Notifications (optional)の設定

アラート通知先のタイプを設定します。メール・Slack・SMSなどを選択できます。

Documentation (optional)の設定

アラート通知に記載したいメッセージがあればここで設定します。

Name this policyの設定

最後に、Policy名を入力して設定完了です。

「Policies Overview」でインシデントや状況確認をすることができます。