【Nuxt.js】のv2.14.4でリリースされた–fail-on-errorを試してみる

【Nuxt.js】のv2.14.4でリリースされた–fail-on-errorを試してみる

Nuxt.js

Nuxt.jsのv2.14.4でリリースされた、CI/CD によるデプロイまたはビルド失敗時にエラーにする「–fail-on-error」オプションが導入されたので使ってみました。

ページエラーが発生した際に 0 以外のステータスコードを返し、CI/CD によるデプロイまたはビルドを失敗させることができます。

今まで、静的ページ生成時にエラーが出てもビルドが止まらず、一部ページが404になったままデプロイされることがあったため、活用してみました。

参考:

Nuxt.js release notes.
ja.nuxtjs.org

–fail-on-errorの導入方法

generateコマンドに「–fail-on-error」オプションをつけるだけです。

 

実際に使用しているのは、generateの代わりにnuxt build && nuxt export使っているので、以下のようなコマンドで「–fail-on-error」オプションをつけています。

・package.json

 

実際にBitbucket Pipelineでgenerateが失敗した時の挙動を確認する

では実際にgenerateで静的ファイル生成に失敗させた時の挙動を確認します。エラーになって、Bitbucket Pipelineが「Failed」になり、デプロイさせなければ成功です。

「Nuxt Fatal Error」となり、Pipelineは停止し「Failed」になりました。これで安心して夜間の自動ビルド・デプロイができるようになりました。