クラウドソーシングで記事の外注化を成功させる3つの秘訣

  • 記事作成を外注化して、サイトの成長を加速させたい
  • 自分の専門分野以外のサイトを作りたいから、詳しい人をライターとして雇いたい

など、記事の外注化をしてみたいという方に向けて、クラウドソーシングを使って記事を外注化する方法についてご紹介します。

実際に1年以上、僕がクラウドソーシングを使って記事の外注化している経験を生かして紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

クラウドソーシングを使ってライターを募集しよう!

 

主な大手クラウドソーシングは以下の3つです。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. シュフティ

僕は、主にクラウドワークスとシュフティを使っています。評判や使いやすさなどを判断して、お好きなクラウドソーシングを使うと良いと思います。

シュフティは名前からもわかるように主婦の方が多いので、主婦向けのサイトを運営している方はこちらを利用すると良いかもしれません。

 

プロジェクト型とタスク型、どっちがいいの?

どのクラウドソーシングにもあると思いますが、大きく分けてプロジェクト型とタスク型があると思います。

プロジェクト型は、発注者と受注者が一対一で連絡を取り合い、仕事を進めていきます。継続して仕事を依頼することが多く、じっくり仕事を進めていきたい場合は、プロジェクト型で発注すると良いでしょう。

タスク型は、一つの仕事に対して複数人募集し、一斉に作業してもらう形式です。基本的には単発になるので、素早くたくさんの記事を納品してもらいたい場合はこちらを活用しましょう。

こちらは記事作成というより、感想や口コミまとめなど、簡単な作業が多いのが特徴ですね。また受注者が多く、ライティングの特徴がバラバラになる可能性があります。

それぞれの良さに合わせて活用するのが良いと思いますが、ガッツリ記事を書いてもらうことを考えるとプロジェクト型がおすすめですね。

プロジェクト型なら細かな修正やライターをしっかり選べるので、特に初めて使うのであれば、こちらで様子を見るのも良いでしょう。

 

秘訣① クラウドソーシングで募集する仕事内容を詳細に書く

 

利用するクラウドソーシングが決まったら、実際にお仕事を発注してみましょう。

発注する際には、募集する仕事内容をしっかり書く必要があります。詳しく書くことで、応募する方も多くなり、ミスマッチが少なくなります。

具体的には、以下の5つは仕事内容に盛り込んだ方が良いでしょう。

  • 仕事内容
  • 求めている人材
  • 納期や納品数
  • 応募の流れ
  • 禁止事項

それぞれの事項について詳しく紹介していきます。

 

仕事内容

具体的にどのような仕事を依頼するのか詳しく書きましょう。

実際に受注された方が、どのような作業を行うのかイメージできるように詳しく書くことをおすすめします。

実際に僕もクラウドソーシングでお仕事をしたことがあるのですが、仕事内容が不明瞭だったりすると、興味はあるけど辞めておこうかなという気持ちになります。特に最近では多くのお仕事があるため、応募する方も慎重に選ぶようになっていると思います。

 

求めている人材

どのような人材を求めているのか明確にしておきましょう。でないと想定していた人材と異なった方が応募し、ミスマッチが発生します。

例えば、株に関する記事を書いてもらうためにクラウドソーシングでライターを募集したとします。

ただ「株の記事を書いてくれる方を募集します。」だけだと、株に全く知識も興味のない方が応募し、思っていた記事と違うということにもなりかねません。

実際に株をやっている方が自身の体験を交えライティングしてほしいと思ってても、それをしっかり明記しないと思っていたような記事が納品されません。

この場合は、

・株を1年以上実践されている方

・株で100万以上投資されている方

・勉強会や本など株の基礎知識が身についている方

など、募集対象を絞るようにしましょう。これによって、この条件に当てはまる方が応募しやすくなることにもつながります。

僕も初めの頃は、思っていた記事が納品されずとても苦労しました。

これだったら自分でやった方がいいとも思いましたが、これは自分の指示が不足していたり、募集内容が不明瞭だったことが原因でしたね。なのでめんどくさがらず、しっかり書いた方が良いでしょう。

 

納期や納品数

次に納期や納品数を書きましょう。

どのくらいの頻度でどのくらいの記事数を納品してほしいのか書きます。例えば、「3日に1記事納品」、「週に2記事以上納品」など明記します。

しっかり納期など書かないと、いつまで経っても納品されないということになりかねません。

また、納品形式(ワードやメモ帳など)を書いておくとスムーズに仕事を進めることができます。

 

応募の流れ

実際に応募するまでの流れを書きましょう。

応募する際にあわせて送ってほしい事項をまとめておきましょう。

  • 自己紹介
  • ライティング経験
  • 連絡可能時間帯
  • 納品可能数
  • 自己PR

など、選考にあたり知っておきたい情報を知っておくことは大切です。

あと僕個人的に大事だと思っているのは、テスト記事の提出です。

最初の頃はテスト記事の提出はなしで選考していたのですが、採用後いざ納品して記事を見てみるとなんか違う…ということが何度かありました。

そのため、事前に簡単なテスト記事を書いてもらうことをおすすめします。

 

禁止事項

仕事を受注してもらうにあたり、して欲しくないことなどの禁止事項を必ず明記しておきましょう。

ライターを募集する際は、「他サイトからの転用」や「コピペとみなされる行為」など禁止することを書きましょう。

 

秘訣② 記事作成マニュアルやルールブックを作成する

 

クラウドソーシングで募集する仕事内容が出来上がったら、記事作成マニュアルやルールブックを作成しましょう。

なぜなら、ライターによってライティングの仕方が違うので、投稿した時にサイトに統一性がなくなってしまいます。

具体的には、

  • 語尾はです・ます調で統一する
  • 改行を開ける
  • 難しい漢字をひらく
  • 同じ表現を何度も使わない
  • 1文を2行以内に収める

など、あらかじめマニュアルを作っておくと、どのライターでも表現がかけ離れた記事が納品されることは少なくなります。また、ライターにとってもマニュアルがあることで、迷いなくライティングができますね。

しかし、人によってはあまり決められているのは嫌だという方もいるので、臨機応変に対応しましょう。

サイトの統一性を意識するためにも、簡易的でも良いのでマニュアルを作ってみることをおすすめします。

 

秘訣③ キーワード、見出しなどをあらかじめ細かく設定する

 

キーワード、見出しなどをあらかじめ細かく設定することが、記事外注化を成功させる最も大切な秘訣だと思っています。特にSEOを意識した記事ならば、どのように書くのかを詳しく設定し、指定する必要があります。

もちろん単価の高い優秀なライターなら必要ないかもしれませんが、クラウドソーシングで未経験や初心者ライターを含めて募集するなら、必要だと思います。

外注化を使い始めた頃は、キーワードと大見出しだけ用意して発注していましたが、思っていた記事が納品されることはほぼなかったです。というよりそれが当たり前で、詳しく指定しなければライターの方がどのように書けばいいかわかりはずないですよね。

ということで、ライターの方がスムーズにライティングできるように記事の雛形を作ることをおすすめします。

具体的には、

  • タイトル
  • キーワード
  • 大見出し・小見出し
  • 文字数
  • 記事内に含めて欲しい共起語
  • 例を用いたイメージの共有

など、手間はかかりますが細かく設定するよいでしょう。

こんなめんどくさいなら外注化する必要なくね?って思うかもしれませんが、もしこれら含めて完成された記事をお願いするならそれなりのお金をかけることになります。手間暇かけるかお金かけるかですね。

また、初めのうちは確かに手間も時間もかかりますが、お互い慣れてくればそんなに大変ではないですよ。

 

まとめ

  1. クラウドソーシングで募集する仕事内容を詳細に書く
  2. 記事作成マニュアルやルールブックを作成する
  3. キーワード、見出しなどをあらかじめ細かく設定する

以上、クラウドソーシングで記事の外注化を成功させる3つの秘訣を紹介してきました。

あくまで僕個人が1年以上クラウドソーシングを使って思った秘訣なので、参考程度にお願いします。