記事の付加価値を高める6つの方法。コンテンツ黄金時代に差別化は必須!

コンテンツが重視される時代。

つい数年前までは、サテライトサイトからの被リンクやある程度文字のある記事の量産など、スパム的な手法が流行っていましたが、今は純粋にコンテンツの良し悪しが評価される時代に変わってきてると思います。

それに伴い、コンテンツの価値を高めるためにオリジナリティのある記事を作っていく必要があります。

そこで、今回は記事の付加価値を高める方法について6つ紹介していきます。

 

独自の視点で切り込む

 

Googleの検索結果の多様性を意識し、他の記事にはない独自の視点で切り込むことが差別化する上で必要です。

例えば、「〇〇 効果」のキーワードに対して、多くのライバルが〇〇の効果について記事を書いていたとします。

ここで、同じように〇〇の効果について書くのではなく、「本当に〇〇に効果はあるのか?」と実は効果がないのでないかという視点から切り込むことで、他の記事にはないオリジナリティが生まれます。

「〇〇 効果」がないという意見を取り上げてみたり、実際に検証してみたりと、そのような視点から記事を作ることで、ユーザやGoogleから評価され、検索順位が上位にいく可能性が高まりますね。

 

感想や意見を交える

どんなテーマでも自分の感想や意見を交えることで、オリジナリティある記事を作ることができます。

また、自分が実際に体験したことや失敗談などの実体験記事も良いですね。自分が経験したことなので、周りとの差別化もでき、価値ある記事を作ることができます。

ただし実体験といっても自分一人では限りもあるので、もし戦略的にサイトを成長させていきたいのであれば、外注化も視野に入れると良いでしょう。

 

SNSや YouTubeを必要に応じて引用する

 

記事内容をよりわかりやすくしたり、様々な意見を取り上げるためにもSNSや動画などを活用することは有用です。

あるテーマに対して他の人たちはどのような発言をしているのだろうとTwitterを引用したり、動画でよりわかりやすく伝えるためにYouTubeを引用したりすることで、ユーザ満足度も向上します。

ただし引用ばかりの記事では元も子もないので、適度に必要に応じて活用するようにしましょう。

 

デザインにこだわる

ユーザが読みやすく、わかりやすい記事構成にするためにもデザインにこだわるのも良いでしょう。

見出しや箇条書きをCSSで装飾するだけでも、見栄えが良くなりますよ。

また、ユーザが感覚的に操作できるように目次やパンくずリストを設置することも大切です。ユーザがサイト内で素早く目的の記事に移動できるよう意識した構成にしましょう。

記事の文中は、強調したい部分を赤字にしたり、注意を促す部分を黄色マーカーにしたりと、ユーザが一目でわかるような工夫をするといいですね。

HTMLやCSSに関しては、「サルワカ」の記事はとても参考になるのでチェックしてみると良いでしょう。

 

ユーザが満足できる情報量を盛り込む。ただし必要ない内容は省く

 

コンテンツが重視される今の時代、ユーザが満足できる情報量を盛り込むことは必須です。

しかも、ただキーワードに対しての情報を書くのではなく、そのユーザの立場に立ってどんな情報を求めているのかを考え、提供する必要があります。

つまり、キーワードからユーザの悩みや疑問を把握し、それを汲み取って記事を書いていく必要があります。

ここで注意なのは、必要以上に情報を詰め込み過ぎないということです。

例えば、「ブログ 無料」というキーワードに対して、ブログを無料で始める方法や無料ブログの種類などは良いですが、ブログの歴史や人気ブロガーの紹介までなると、検索意図からずれてしまいます。

たしかにボリュームのある記事になるのですが、「ブログ 無料」と検索したユーザの欲しい情報がわかりにくく、Googleからよくわからない記事という評価になりかねません。

そのため、ユーザの求めている情報に対し、必要十分な情報量を盛り込むことを意識しましょう。

 

イラストや図解を取り入れる

記事の内容をよりわかりやすくするためにイラストや図解を取り入れるのも効果的です。実際に自分が考えているイメージや思いを図解にすることで、一気にわかりやすく伝えることができます。

UX向上が求められている今、このような施策の効果はなかなか目に見えづらいですが、長期的には効果があるでしょう。

ユーザが満足することで、滞在時間が増え、回遊率も高くなるため、結果的にはGoogleに評価されることになると考えます。

今では、「Cacoo」や「Canva」など簡単に図解やイラストを作れることができるため、積極的に活用してみると良いでしょう。

 

まとめ

  1. 独自の視点で切り込む
  2. 感想や意見を交える
  3. SNSや YouTubeを必要に応じて引用する
  4. デザインにこだわる
  5. ユーザが満足できる情報量を盛り込む。ただし必要ない内容は省く
  6. イラストや図解を取り入れる

以上、記事の付加価値を高める6つの方法について紹介してきました。

最近ではブログやアフィリエイトを始める方も増えており、自ら考え、時代の変化についていかないとあっという間にサイトのアクセスがなくなるということになりかねませんね。

特にWeb業界は変化が激しいため、常に自分をアップデートさせていくことが、継続してアクセスアップを成功させる秘訣だと思います。